歯科で処方されるうがい薬

歯科医院では、歯が痛い患者さんや、歯茎が腫れて痛む患者さんなど毎日多くの患者さんが来院します。虫歯であれば、削って詰めるという治療ができますが、歯茎の腫れや親知らずなどは、菌が増殖して炎症が起きているのですぐに治すことはできません。そこで、歯科医院ではうがい薬を処方します。うがい薬のメリットは、お口全体に薬効成分を行きわたらせることができる点です。うがい薬には、殺菌成分や抗炎症成分など様々な成分が配合されていて、直接お口の中に菌に使えるという、内服薬にはないメリットもあります。うがい薬は市販されていますが、歯科医院で処方されるものは薬用成分が多く配合されているので、より効果的にお口の中をきれいにするというメリットもあります。歯茎が腫れて、歯ブラシがあたると痛む場合でも、うがいなら安心して使うことができます。うがい薬は水で薄めて使うなど、使用方法に決まりがあります。濃度が濃ければいいというものではないので、必ず使用方法を確認して、指示通りに使うようにしましょう。炎症がひどい場合は、朝と夜の1日2回の使用が必要になります。事前に歯磨きをしてお口をきれいにした状態で使うと効果的に作用することができます。

↑PAGE TOP