市販と歯科処方のうがい薬の違い

歯科で処方されるものと、市販製品のうがい薬では効果に違いがあります。市販製品は爽快感があり、口の中をスッキリさせることができますが、殺菌消毒効果はあまり高くありません。処方される方は医薬品成分が含まれているので、殺菌消毒効果が強いものが多いです。歯科処方のものは、親知らずの抜歯後などに感染症にならないように口の消毒用として使います。粘膜や傷口にしみにい刺激が少ない成分で、優しく消毒できます。市販製品は口臭予防、歯周病予防、風邪予防、気分転換などの目的で使われることが多いです。市販のうがい薬はたくさんあるので、味や爽快感で選んでみるといいでしょう。処方薬のような高い効果はありませんが、口の中を爽快にすることで口を清潔にするのに役立ちます。歯科で処方されるうがい薬は保険が適用されるので、安価に手に入れることができるのがメリットです。処方が不要ではないものもありますが、医師や衛生士の指導のもとで使ったほうがいいものもあります。自己判断で使うとアレルギーが出る場合もあります。抜歯後に処方されるものは患部が感染するのを防ぐためにものなので、決められた期間は必ず使い続けることが必要です。感染のリスクを軽減できます。

↑PAGE TOP